ツール(アプリ)

【Windows10】「CaptureXP」を使用可能にする方法

この記事の所要時間: 113

キャプチャーツール「CaptureXP」は、Windows10で使用すると、真っ黒になってしまいます。
Windows10標準にある「Snipping Tool」より使い勝手がよいので、使用したいと思い調べてみました。
まず、Windows10対応版が出ているかどうか検索をかけたのですが、どうやら出ていないようです。残念。
しかし、設定方法を色々と変更していたら使用できることが分かったので、まとめてみました。
但し、完全ではありません(真っ黒になってしまう時もあります)

設定前は、キャプチャーを行うと以下のように真っ黒になります。

設定変更の方法

アイコンを右クリックしてメニューを表示します

表示されたメニューの「プロパティ」をクリックしてプロパティの画面を表示します

プロパティ画面の上部にある「互換モード」のタブをクリックして互換モードの設定画面を表示します

互換
・[ 互換モードでこのプログラムを実行する ]をチェック
・一覧から、[ Windows XP (Service Pack 3) ]を選択

設定
・[ デスクトップ コンポジションを無効にする ]をチェック

互換モードの設定が出来たら「適用」ボタンを押します

「OK」ボタンを押してプロパティ画面を閉じます

動作確認

実際に真っ黒にならないでキャプチャーできるか確認しました。


コメントを残す

*